弁護士会ホーム > 仙台弁護士会の案内 > 会長挨拶

仙台弁護士会 会長挨拶


 

 仙台弁護士会のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。

 私は、2016年度(平成28年度)仙台弁護士会の会長に就任した小野寺友宏です。

 弁護士会が対応すべき課題は多岐にわたりますが、これから1年間、職責を果たしていきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

 以下に、当会の活動等を記載いたしますので、ご覧頂ければと思います。

はじめに-弁護士の使命と弁護士会の役割

 

 弁護士の使命は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することです。弁護士会は、そのような使命を担う弁護士が加入する団体であり、弁護士の活動の基盤となる組織です。

 国の政治の在り方は、国会において多数決で決定されます。しかし、国会における多数の意見が常に正しいとは限りません。国会における多数決が、国民、とりわけ少数者の基本的人権を侵害することもあります。

 そこで、憲法は、基本的人権を保障し、司法権(裁判所)が、多数決によって生じた人権侵害を救済するための司法制度を設けております。弁護士は、そのような役割を託された司法(裁判)の担い手であり、それ故に、基本的人権を擁護し、社会正義を実現するとの使命を担うことになっているのです。

 弁護士と弁護士会は、日々、基本的人権の擁護と社会正義の実現のために活動しています。市民の皆様の弁護士と弁護士会に対するご理解とご支援をお願い申し上げます。

弁護士と弁護士会の活動のご紹介

 

1.日本国憲法の理念と人権を護る活動

 当会は、昨年度、憲法違反の安全保障関連法案に反対する活動を重点課題として取り組んで参りました。残念ながら、昨年9月の参議院本会議において、安全保障関連法案の採決が強行され、同法が「成立」しましたが、当会はその後も同法に一貫して反対の立場を表明し、本年2月に開催された当会の定期総会においても、「安全保障関連法等の廃止を求め、立憲主義の堅持と日本国憲法の基本原理の尊重を訴える決議」を可決いたしました。平成28年2月に採択した決議はこちらのページでご覧頂けます。

 当会では、これまで、街頭署名活動や憲法連続市民講座を開催するなどして日本国憲法の価値を広く周知するための活動に力を入れてきたところですが、上記定期総会決議をはじめ当会がこれまで行ってきた各意見表明の内容をふまえ、安保関連法の廃案をはじめとする課題実現のために取り組んでいきたいと思います。

 

2.東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故災害の復旧・復興支援

 東日本大震災が発生してから、満5年が経過しました。復旧・復興が進み、被災地の外では震災の記憶の風化が危惧される一方で、今なお多くの被災者が仮設住宅等での生活を余儀なくされ、被災事業者の事業再建も道半ばであり、問題が山積しております。また、東京電力福島第一原子力発電所事故による甚大な被害は、福島県からの避難者はもとより、宮城県内の事業者の風評被害なども含めて、現在も収束しておりません。このような実情を踏まえ、当会は、本年3月11日に「東日本大震災から5年を迎えての震災復興に関する会長声明」を採択し、「人間の復興」という視点に基づき、被災者一人一人に向き合い、支援活動に邁進することを宣言いたしました。平成28年3月に採択した宣言はこちらのページでご覧頂けます。

 今年度も、引き続き被災者の生活再建や被災地の復興に向けた活動を停滞させることのないよう取り組みを続けていかなければならないと考えております。

 弁護士会が関わる多くの復興支援活動のなかで、3つほど紹介させていただきます。

① 無料法律相談

 震災時、宮城県等にお住まいだった方(法人は除く)は、仙台弁護士会法律相談センターでの相談が無料になります。震災に関連する相談か否かを問わず、貸金、借地借家の問題、労働問題、二重ローン問題、離婚、行政などほぼ全ての相談が無料となります。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

② 被災地無料電話相談・出張相談

 宮城県内在住の方及び東日本大震災当時に宮城県内にお住まいだった方を対象に、無料電話相談を行っております。

 毎週月曜日の10時から19時まで、弁護士が直接、電話でご相談に応じます。

震災に関連するご相談はもちろん、震災に関連しないご相談も対象となります。

豪雨災害に関するご相談にも応じます。

傷病をお持ちの方や、交通上のアクセスが困難な方には、出張相談も行っております。 詳しくは,こちらのページをご覧ください。

③ 被災ローン減免制度(個人版私的整理ガイドライン)

津波で家が流されてしまいローンだけが残った、震災で仕事先が被災して収入が大幅に減りこれまでのローンの支払が困難になった、仮設住宅にいて今後住居を確保したいがこれまでのローンがあるので新たな借り入れが困難といった方は、是非、この被災ローン減免制度(個人版私的整理ガイドライン)の利用をご検討ください。

この制度では、相談から始まって申出、減免の成立に至るまで弁護士がマンツーマンで支援いたします。費用もかかりません。

被災ローン減免制度(個人版私的整理ガイドライン)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

 

3. 法律相談(夜間相談・休日相談もやっています。)

 仙台弁護士会では、本部法律相談センターの他、県内5箇所(古川、気仙沼、 登米、大河原、石巻)に支部センターを設置し、法律相談を行っております。震災時、宮城県等にお住まいだった方(法人は除く)は、震災に関連する相談か否かを問わず、仙台弁護士会法律相談センターでの相談が無料になることは前述のとおりです。詳しくは,こちらのページをご覧ください。

 夜間や土曜日にも、法律相談を行っております。土曜相談についてはこちらのページを、夜間相談についてはこちらのページをご覧下さい。

石巻相談センターでは、日曜相談を開始しました。日曜日の相談時間は10時30分から16時30分までです(12時30分より13時30分まではお昼の受付休止となります。)。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

 

4.弁護士費用保険(権利保護保険)

 弁護士費用を気にせずに弁護士に依頼できる制度として弁護士費用保険(権利保護保険)があります。

 自動車事故対応のいわゆる任意保険では、現在、この弁護士費用保険が付いている場合が多く見受けられます。ご加入の任意保険について、弁護士費用保険が付されているか、確認されてはいかがでしょうか。

 この保険を利用した解決事例をこちらのページでご紹介しています。

 

5.刑事事件についての当番弁護士制度

 刑事事件の弁護は、弁護士にしかできません。無実の人が逮捕されたり、捜査機関による違法不当な取調が行われることも少なくありません。

 弁護士会では、逮捕された市民の基本的人権を擁護するために、逮捕されたすべての人を対象として、弁護士派遣の要請があった場合には、24時間以内に弁護士が面会に行くという当番弁護士の制度を実施しています。費用はかかりません。是非、ご利用ください。

 当番弁護士の詳しいことについてはこちらのページをご覧下さい。

 

6.消費者教育や法教育の出前授業

 社会人になったときに消費者被害にまきこまれないようにしよう。社会人になる前に契約のしくみなど法律的なものの考え方の基本やトラブル解決に向けた基本的なディスカッションのしかたを身に付けよう。

 こうした考えから弁護士会では、高校に消費者教育の、小中高校に法教育の、それぞれ出前授業を行っています。

 また、中学生の職場訪問を受け入れたり、市民向けの裁判傍聴を企画するといった活動も行っています。詳しくはこちらのページをご覧下さい。

 

7.司法基盤の整備・拡充、過疎偏在対策

 日本弁護士連合会や各地の弁護士会の取り組みや弁護士数増加の影響により、弁護士過疎偏在問題は大きく前進しています。しかし、裁判所・検察庁の支部(宮城県内では、気仙沼、石巻、登米、古川、大河原に支部があります)をはじめとする支部管内の司法機能の整備がそれに追いついていないのが実情です。本年1月に公表された日弁連と最高裁の協議結果では、裁判官非常駐の解消、労働審判の拡大ともにごく一部の支部に止まり、仙台地裁管内では特段の前進は見られませんでした。これを受けて、当会は、本年2月の定期総会で、「地域司法の基盤整備に関する協議結果を受けて改めて司法の機能充実を求める決議」を採択いたしました。平成28年2月に採択した決議はこちらのページでご覧頂けます。

 今後は、上記決議の内容を実現するために、各支部が抱える問題点の実情調査、マスコミへの問題提起、各自治体への働きかけなど、司法基盤の整備に積極的に取り組むよう求める活動に取り組んでいきたいと思います。

 

おわりに

 以上のとおり、仙台弁護士会は、「基本的人権の擁護と社会正義を実現する」という弁護士法1条の理念を守るために様々な活動を行っております。

 これからも、市民の皆様の意見を取り入れながら、より充実した活動にしていきたいと思います。

 市民の皆様の弁護士会に対するご理解とご支援を心からお願い申し上げます。

【平成28年度仙台弁護士会執行部】

役職

氏名

会長

小野寺 友宏(おのでら ともひろ)

常議員会議長

及川 雄介(おいかわ ゆうすけ)

副会長

神坪 浩喜(かみつぼ ひろき)

副会長

野呂 圭(のろ けい)

副会長

藤田 祐子(ふじた ゆうこ)

副会長

宮部 剛(みやべ ごう)

庶務委員長

千葉 晃平(ちば こうへい)

副庶務委員長

小幡 佳緒里(おばた かおり)

副庶務委員長

郷野 元之(ごうの もとゆき)