弁護士会ホーム > 紛争解決支援センター

紛争解決支援センター(ADR)

紛争解決支援センターって?

 
仙台弁護士会による身の回りのトラブルの迅速な解決を目指す紛争解決のための制度です。 「裁判まではしたくないなぁ、でも専門家に相談した方が・・・」とお考えの皆様のために、弁護士が、あなたと相手方の間にたって、迅速に、形式にこだわらない柔軟で納得のいく解決を目指すものです。
 

どんなときに利用できるのですか?

 
身の回りに起こった民事上の紛争の解決を望まれるのであれば、何でもオーケーです。 金銭トラブル、家族間の紛争、セクハラ、犯罪被害弁償、借地借家、高齢者の消費者被害、医療事故などなど、分野は問いません。紛争解決支援センターの利用がいいのか、他の紛争手段・方法のほうが適しているのかについては、予め弁護士が手続開始前にきちんと相談にあたりますから、心配無用です。

adr
 

どのように解決するのですか?

 
経験豊かな弁護士が、中立公平な立場であなた(申立人)と相手方の言い分をよく聞いた上で、法的判断もふまえて、和解による解決を目指します。もちろん事案によっては不動産鑑定士・医師等の専門家も協力します。
手続きの概要は次のとおりです。
和解が難しい場合で当事者双方が仲裁人の仲裁判断を求めそれに従うという場合には、仲裁法に基づく仲裁手続に移行します。

 

申立はどのようにするのですか?

 
弁護士による法律相談を受けてから、簡単な申立書を出していただくだけです。
弁護士が法律相談のなかであなたの紛争が紛争解決支援センターによる解決がふさわしいか検討します。申立後には申立人プレ審理を行います。「申立はしたけれど、他の手続きのほうがよかった・・・」「いろいろな解決機関をたらい回しにされた・・・」、そんな不満がないように、予め弁護士がきちんと相談にあたりますから、心配無用です。法律相談の詳しいご説明について、法律相談のページをご覧下さい。

 

時間はどれくらいかかるのですか?

 
3ヶ月・3回審理による早期解決を目指します。
紛争解決支援センターは、迅速に、形式にこだわらない柔軟で納得のいく解決を目指すものです。ですから、申立から解決まで、原則として3ヶ月・3回審理を目指します。1回の審理は事案によって異なりますが1時間から3時間程度ですが、あなた(申立人)や相手方の都合などを聞いて柔軟に対応していきますので、遠慮なく、ご希望をお伝え下さい。

 

毎回必ず決まった場所へ行かなければならないのですか?

 
そんなことはありません。事案に応じて柔軟に対応します。
審理の場所は原則として仙台弁護士会館となりますが、あなた(申立人)や相手方のご都合、事案の内容などに応じて、あなたと相手方の間にたって紛争解決を目指す弁護士の事務所、紛争の現場などで審理を行うこともできます。

 

土日や夜間も利用できますか?

 
できます。事案に応じて柔軟に対応します。
受付は後でご説明させていただくとおりですが、審理は原則として平日に行われますが、あなた(申立人)や相手方のご都合、事案の内容などに応じて、土日・夜間に行うことも可能です。また、電子メール・電話・ファックスなどの手段も利用して期日前の準備を行い充実した審理を進めます。

 

費用はどれくらいかかるのですか?

 
あなた(申立人)には申立手数料として金2万円+消費税、相手方にも手数料として金1万円+消費税をご負担いただきます。
紛争解決は申立人・相手方・仲裁人の協同作業ですので相手方にも手数料を出していただきます。その他、紛争解決時の成立手数料等の費用もありますが、申立時には金2万円+消費税をご準備いただければ紛争解決支援センターによる手続をご利用いただけます。
紛争解決支援センターをご利用いただくためにはあなた(申立人)に金2万円+消費税をご準備いただくことになりますが、弁護士があなた(申立人)と相手方の間にたって、法的な専門的知識・経験をフルに発揮して、迅速かつ柔軟で納得のいく解決を目指すものですから、実費的費用とお考えいただければと思います。また、事案に応じて専門家への費用・出張日当などもご負担いただくことがありますが、これらは審理の中であなた(申立人)や相手方の意見を聞きながら進めていきます。また、紛争解決が図れた場合にご負担いただく成立手数料は次のとおりです(原則としてあなた(申立人)と相手方とで折半していただきます)。

【紛争解決時の成立手数料一覧(消費税別)】
紛争の価額100万円以下の場合 8%
100万円を超え300万円以下の場合 5%+3万円
300万円を超え3000万円以下の場合 1%+15万円
3000万円を超える場合 0.5%+30万円
 

裁判所の訴訟や調停とは何が違うのですか?

 
柔軟、迅速、土日夜間の審理、非公開、弁護士関与などです。
裁判所の訴訟や調停には、それぞれ、公権力による強制力を背景にした判断、厳密な証拠調べによる審理、公開による手続保障などの沢山のメリットがありますが、反面、時間がかかること、当事者の本当のニーズを探り当てた柔軟な判断がしにくいこと、平日の決まった時間にしか行われないことなど、市民の方々の紛争の全てをカバーすることはできないのが現実です。この点、紛争解決支援センターは、

形式にこだわらない柔軟で納得のいく解決。
審理回数は原則3期日、短期間で紛争解決。
土日、祭日、夜間、法律事務所や現地での審理も可。
手続きは非公開、双方の秘密が保護される。
手続きの最初から最後まで、仲裁人として弁護士が関与。(仲裁人候補者名簿はこちら)
という特徴をもっています。
 

まずはどこに連絡・問い合わせすればいいのですか?

 
仙台弁護士会紛争解決支援センターまでご連絡ください。
仙台弁護士会紛争解決支援センター
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町2丁目9番18号(仙台弁護士会館内)
電  話 022-223-1005
受付時間 平日10:00~16:00
Page Top↑

  • 紛争解決支援センター
  • 住宅紛争審査会
仙台弁護士会の連絡先
〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町2-9-18
tel
  • 022-223-2383(法律相談等)
  • 022-223-1001(代表電話)
  • 022-222-6901(謄写関係)
FAX
  • 022-261-5945